検索
  • 管理者

撮影日誌・1日目(その3)

飯能駅前の中華屋さんで昼ごはんを食べると、食後に柳さんが『飲む日焼け止め』を取り出した。木陰とはいえ、炎天下での外撮影に備えての対策だったが、誰かが「目から入った紫外線が日焼けを引き起こす」と言い出し、物議を醸した。目が紫外線をキャッチすると、その情報が脳に伝わり、脳が出す指令によって日焼けするのだという。果たして、飲む日焼け止めは、網膜や脳に働きかけてくれるのだろうか?「でも、ビーチで昼寝してて、火傷みたいに日焼けした人がいる」と弥栄さんが言い、飲む日焼け止めの立場を辛うじて守った。


ほんとうのところはどうなのだろう。何粒か貰って風太と一緒に飲んでみたが、効くのだろうか。小さな包みには『健康補助食品』の文字もある。その他、足の裏を消毒すると蚊に刺されないで済む、など、行きの車内ではスマホを駆使した情報戦が続いた。


(つづく)


346回の閲覧